アイフル返済時の手数料を徹底調査!手数料なしで返済できる方法まとめ

2017年9月21日

アイフルの返済時の手数料というのはどうなっているのでしょうか。だいたい、借りるときには相手側に手数をかけるので手数料がかかるというのはまだ理解できるのですが、返すときに手数をかけているのはこちらのはずなのにどうしてこちらが手数料を支払わなければならないのか釈然としない人もいるかもしれません。しかし、アイフルにとってみれば、返済の方法によっては、最終的にアイフルの会社にお金が入ってくるまでにそれなりの手数がかかる場合もあるからというように理解すればまだ納得ができるかもしれません。
それはともかく、アイフルへの返済時に手数料がかからない方法を紹介しましょう。基本的に2つです。一つはアイフルの店舗窓口や店舗に設置されたATMから返済する方法です。もう一つは銀行口座からの自動引き落としです。この2つはいずれも手数料はかかりません。これで分かるとおり、アイフルという会社に対して即座に返済されたお金が入ってくるような方法、他社の手を煩わせることのないような方法であれば手数料はかからないのです。
これ以外の方法は基本的に手数料が発生します。同じATMであってもコンビニなどに設置されている提携先ATMを利用して返済した場合は、提携先という別会社を経由することになります。コンビニに設置されているATMではなく、コンビニの窓口から返済することもできますが、これも同様にコンビニという別会社の店員の手を煩わせることになります。いずれも手数料がかかることになるのです。

コメントはまだありません

コメントは停止中です。