電話占いで稼げないなら人間の心理を勉強しよう

2017年10月4日

占い師になるには、基本的に資格などは必要がありません。多くの場合には、ネームバリューなどや、人気の占い師さんの場合には、リピーターが多く同時にかなり的中率がすごい!という評判などがあります。しかし、儲かりそうだからといった気持ちで、電話占いで占い師さんを始めてみても、特別な霊視能力などがない限りには、かなり難しいもので稼げないものです。

また同時に、霊視能力をお持ちの方ほど、かなり辛いことなども味わっておられるため、見たくないものをみることがあったりするなど、相当に厳しい環境の中で、診断をされている電話占い師さんもおられます。電話占いで思ったほど稼げない、またはまったく稼げない、こうした場合には心理学をしっかりと勉強することをお勧めします。基本的に、プロの占い師であっても、むしろ霊視能力を使った占い師さん以外には、タロット占いなども含めて、心理学を応用しているケースが多くあります。

心理学は、相談者さんからの依頼を受ける上で欠かせないものであると同時に、どのように話せば、こちらの相談者さんは心を開いてくれるのか、またどのような結果を出せば、こちらの相談者さんは悩みを解決できるのか、といった点などにも活かす事が出来ます。有名な話なのですが、心を読むために、リーディングという手法で、相談者さんに当たる占い結果を出す方がおられますが、これも、電話占いシェロなら出来ることです。

これというのも、メールなどの鑑定などになってしまうと、あまりその方の悩みなどを聞き出せないケースなどがある一方で、 電話での占いであれば、心理学でトークを学べば、その方の心を癒すことも可能になってきます。またとても基本的なことですが、人格的な面がしっかりと出ている占い師さんほど、霊能力も高くなる、ともされており、こうした観点からも、稼げないと思った際には心理学を是非、勉強なさってください。

コメントはまだありません

コメントは停止中です。